高齢出産の年齢が高まっている

葉酸も必須・人気No,1サプリ

高齢出産の年齢が、年々高まっている

 

最近は高齢出産の女性がそれほど珍しくありませんが、体のことを考えるとあまり良いことではないようです。

 

なぜ、高齢出産は良くないのか?

 

一つ目は妊娠しても流産、難産、妊娠糖尿病などのリスクが高くなり母親に危険が生じる確率が高くなる事

 

そして子供に染色体異常が起こりやすくダウン症の発症率が40代の高齢出産になるとかなり高くなるからなのです。

 

 

このような高齢出産のリスクは様々なところから情報が入るため当然高齢出産をする側も分かっているはずです!

 

それでも女性の妊娠、出産年齢はどんどん上がっており昔は40歳で出産など命がけのイメージがありましたが、最近では十分に出産できる年齢のように思われています。

 

女性も男性と同じように社会で活躍できる場所が多くなり、妊娠適齢期の20代に子供が出来てしまうとせっかくつかんだチャンスを逃すことになってしまうため、高齢出産が増えるのは仕方がないのかもしれません。

 

キャリアウーマン 妊活

 

芸能人などでも高齢出産の人がとても多く、若いころにバリバリ仕事をして40歳近くで結婚、妊娠・・50歳近くまで不妊治療を続けて出産するなんて人もいますよね?

 

もちろん、高齢出産のリスクを理解した上での妊娠でしょうが、本人も家族もかなりの覚悟が必要であるのは、芸能人でも一般人でも同じことです。

 

 

高齢出産に挑むための心がけ

 

高齢出産は本人だけではなく周囲の協力が不可欠です!

 

高齢出産に対して否定的な考えを持った人、特に年配の人は「妊娠適齢期に好きなことをして、高齢になり子供にもリスクが高くなってから出産するなんて勝手すぎる!」と考えている人も多いことを知っておいた方が良いかもしれません。

 

妊活 周囲の協力

 

実際に高齢出産は母子ともに危険があり若い人よりも気を付けて生活をしなくてはなりませんし、体力や気力も年齢と共に低下するため疲れやすく精神的にもキツイものなので、妊娠前から体力づくりと健康な体を作る努力が必要なのです。

 

 

そして、無事出産すればそれがゴールではなくスタートなのです!

 

若い人でも大変な子育てがこれから始まり、その人たちとの交流も必要になってきます。

 

時にはプライドを捨てて溶け込む必要がありますし、同じ子供を持つ母親同士に年齢の上下関係は存在せず、年を取っていることで逆にみじめな思いをするかもしれないと覚悟しておいた方が良いかもしれません。

 

 

高齢出産はとにかく体力が第一です!それでも産みたいと思ったのは自分なのですから、子供のことを一番に考え無事に出産できるように食生活や生活スタイルを見直し、心身ともに健康な状態でその日を迎えましょう!

 

ミトコア公式サイト↓