二人目不妊はなぜ起こるのか

葉酸も必須・人気No,1サプリ

二人目不妊はなぜ起こるのか

 

一人目は特に問題なく妊娠したにも関わらず、二人目がなかなかできない・・そのような人を二人目不妊と言い私の周りにもたくさんいます。

 

不妊症の人は妊娠に関係ある機能に問題がある場合が多いのですが、一人でも妊娠できたと言うことはそれはないと思いますよね?それならばなぜ多くの人が二人目不妊に悩んでいるのでしょうか?その原因は様々で、一度目の妊娠によって子宮、もしくは卵巣がダメージを受けてしまった、元々不妊症の要素を持っているが一人目は偶然できた、加齢による機能低下・・一人目から時間が空いている場合や高齢の場合は、老化などによってホルモンバランスが乱れてしまったり、子宮、卵巣自体の機能の低下により妊娠しにくい体になってることが多いようです。

 

授乳完了後二年経過しても妊娠しない場合は、二人目不妊と考え一度産婦人科で診察してもらった方が良いようです。

 

早めに原因が分かることで治療もしやすくなり妊娠率が高くなると言われていますが、小さな子供を抱えての通院は簡単ではないため、なかなか病院に行けずにストレスをため込んでしまう女性が多いようです・・このストレスも二人目不妊の原因になるため周囲の人の協力も不可欠です。

 

二人目不妊になったら諦める?頑張る?

 

二人目不妊の人が言われて一番嫌な言葉が「一人いるんだから良いじゃない!」だそうで、「子供がすでに一人いるから二人目不妊で悩むなんて贅沢だ、一人もできない人だっているのに・・」と言われている気がして、とても悲しくなるそうです。

 

二人目不妊

 

もしかしたら言っている側はそのような悪い意味ではなく励ましの気持ちでかけた言葉なのかもしれませんが、不妊に悩む人は一人目でも二人目でも深刻な悩みなので、とても敏感になっているのかもしれません。

 

 

確かに周囲の人からすれば二人目不妊ならば無理に不妊治療を受けなくても、すでにいる子供を大切に育てれば良いと思うのかもしれませんが、本人たちはすでに何人子供が欲しい、兄妹を作ってあげたいなど思い描いた夢があるため、可能性が残っているのであれば諦めたくはないはずです。

 

病院で診察を受けすでに可能性がないと言われた場合は諦めるしかありませんが、わずかでも可能性が残っている場合は何としてでも妊娠したいと思う人が多いようです!特に高齢妊娠になる女性にとって妊娠は時間との勝負でもあり、出来るだけ早く二人目を授かれるように病院だけに頼るのではなく、自分で出来ることをどんどん取り入れて頑張っています。

 

ミトコア公式サイト↓