妊活サプリと比較・不妊治療の方法と費用

葉酸も必須・人気No,1サプリ

不妊治療を行う人が増えている

 

初婚年齢初産年齢がどんどん上昇し、高齢出産を経験する方が増えています。

 

そして、初婚年齢が上がっているということは自然妊娠率の低い人が妊娠出産を経験する機会も増えているのでしょう。

 

年齢だけではなく、現在女性は共働き、日々のストレスや睡眠不足が影響して妊娠しにくい体になっているといわれています。

 

その為、医療機関で医師の力を借りて妊娠をする、不妊治療を行う人が増えているみたいです。

 

特に30代から40代の世代は、不妊治療を行ったうえで妊娠をする方の割合が特に高いみたいですね。

 

 

主な不妊治療の方法と費用

 

タイミング法

 

不妊で病院に行くと、最初に勧められるのがこのタイミング法です。

 

タイミング法は、妊娠しやすい時期に合わせて子作りを行うという一番一般的な方法です。

 

個人でも基礎体温を測ることでだいたいの目安を知ることは出来ますが、基礎体温以外にも超音波検査やホルモン検査を受けより精密に排卵日を予測することが出来ます。

 

他にも排卵誘発剤を使う場合があるでしょう。

 

タイミング法はだいたい一年ほど続けることを推奨されており、確率は5%程です。

 

月一度の受診であれば保険適用内となっており、費用は2,000円から20,000円と決して高くはないですよね。

 

一番気軽に出来る方法なのではないでしょうか。

 

漢方法

 

タイミング法と併用して行われやすいのが、漢方での治療です。

 

漢方を飲んで体質改善を行うことで、妊娠しやすい体を作ることが出来ます。

 

体を温めたり、血流を緩和したり、ストレスを緩和することで体内環境を改善することができるでしょう。

 

しかし、漢方は決して安くはありません。

 

相場ではありますが、月5万円前後の費用がかかるようです。

 

また、薬なので副作用があったり漢方が体に合わずにつらい思いをする方もいるのではないでしょうか。

 

体質改善は自分でも出来る方法なので、漢方を用いらずに不妊治療を行う人もたくさんいます。

 

栄養療法

 

こちらもタイミング法と併用して行われやすい方法です。

 

食生活のアドバイスをもらうだけではなく、細胞レベルでビタミンやミネラルのバランスをチェックし一人一人に合った治療方法を提案してくれるのが、栄養療法です。

 

採血と尿検査で60項目以上の検査を行い、サプリメントの処方や食事療法を行い、妊娠しやすい体を作ることが出来るのでしょう。

 

カウンセリング代が10,000円以下、毎月のサプリ費用が5万円程とこちらも決して安くはありません。

 

人工授精

 

タイミング療法、漢方、食事療法はあくまで自然妊娠に近い形でしたが、それでも駄目だった場合に提案されるのが、人工授精です。

 

人工授精は排卵日を測定し、排卵前検査を行い、事前に提出した精子を使い細いチューブを使い子宮内に精子を送り込む方法です。

 

人工授精後14日後には妊娠判定を行い着床したかどうかを判断することが出来ます。

 

保険適用外で一回の人口受精に2,3万円程かかりますが、病院によってはもっと安い場合も高い場合もあります。

 

もちろんほかにも薬や注射の費用が掛かりますし、何度も人工授精を繰り返して妊娠する人が多いようです。

 

体外受精

 

人工授精はあくまで人工的に受精を促す方法ですが、体外受精は子宮内から卵子を取り出して受精卵を培養し子宮に戻す方法です。

 

人工授精よりも正確な方法で、妊娠率は20%から40%程だといわれていますがもちろん個人差が大きいでしょう。

 

確実性が高い施術ではありますが、費用は高く一度で10万円から100万円程の費用が掛かります。

 

もちろん一度で確実に妊娠出来るという訳ではありませんし、回数を重ね事に体への負担もかかります。

 

安い費用で行われている病院よりも、信頼できる病院を選ぶようにしてください。

 

顕微授精

 

顕微授精は体外受精と近い方法ではありますが、受精の方法が違います。

 

体外受精はあくまで自然に受精をするのを待つ方法ですが、顕微授精は卵子の中に直接精子を注入する方法です。

 

その為費用は高く、一度で30万円から50万円が平均となってしまいます。

 

病院によっては100万円以上かかるところも珍しくはないでしょう。

 

顕微授精は保険適用外ではありますが助成金が支給されるのでその点もよく考えたうえで施術を受けるかどうか決めて下さい。

 

顕微授精は20代で40%、30代前半で35%、それ以降は20%未満となっています。

 

 

不妊治療は高いという印象がありますが、実際の価格を見ると確かに気軽に出せる費用ではありませんよね。

 

特にこれはあくまで一度のみ、一回の施術のみの金額です。

 

病院に通い続けて様々な施術を受けると、年数百万という費用が飛ぶことだって珍しくはありません。

 

そして、確率の高い施術だとどうしても「人工的」に感じてしまいますよね。

 

不妊治療も良いですが、まずは自宅で出来るサプリから妊活を初めてみてはいかがでしょうか。

 

不妊治療よりも安く、気軽で、あくまで自然に妊娠を出来るのが妊活サプリのメリットなのです。

 

こちらから=【ミトコア300mg】

 

ミトコア公式サイト↓