30代40代・アラフォー世代の妊活事情

葉酸も必須・人気No,1サプリ

自然妊娠・妊活・アラフォー

 

自然妊娠出来る確率は、年々低下していきます。

 

その為、アラフォー世代が妊娠をする場合は、少しでも確実に妊娠するための妊活が不可欠でしょう。

 

もちろん妊活せずともすぐに出来る場合もありますし、妊活していても何年も出来ない可能性はあります。

 

しかし、やらないよりはやった方が絶対に可能性が高くなります!

 

 

妊活という言葉はここ数年でどんどん普及してきました。

 

芸能人でも、育児のためではなく妊活のために仕事を休業するという人もいますよね。

 

妊活にストレスは大敵。
その為仕事を休み、妊活に専念をするのでしょう。

 

妊活を始めた人の平均年齢は35.7歳だといわれています。

 

やはり30代前半まではあくまで自然妊娠で。
それ以降は妊活をして努力をしたうえでの妊娠、という方が多いのではないでしょうか。

 

35歳を超えるとどんどん妊娠率は低下します。

 

そしていざ妊娠できたとしても流産の可能性も高く、なかなか子供を産むことが出来ないという場合がとても多いのです。

 

30歳までの流産率はおよそ10%だと言われていますが、35歳を超えると25%、40歳で40%、45歳になると50%の確立で流産をしてしまうといわれています。

 

そのためアラフォーで子供が欲しいと思った場合、妊活は切り離せない部分なのでしょう。

 

 

妊活は確実ではない

 

ここで一つ断言しておきたいのが、妊活をすることで確実に妊娠出来るという訳ではないことです。

 

妊娠に100%はありません。

 

いくら毎日妊活を心がけていても、妊娠に効果的なサプリメントを飲んだり、お茶を飲んだり、体を温め栄養に気を使いストレスをためない努力をしていても、100%妊娠するということはあり得ません。

 

これは不妊治療にも言えることです。

 

何百万とお金を出して体外受精を行ったとしても100%妊娠することはないでしょう。

 

 

だからといって、妊活は無駄な努力ではありません。

 

妊活をした人がどのくらいの割合で妊娠できたかという数値を出すことは出来ませんが、妊活をすることで10%を20%に、20%を40%に引き上げることは可能です

 

妊娠しやすい体質に、妊娠しやすい卵子に、精子に。
そのための努力を行う妊活は、子供が欲しいけれどもなかなかできない夫婦にとっては欠かせないことでしょう。

 

もちろん不妊治療の方が確立を引き上げることは出来ますが、それでも必ず出来るという訳ではありません。

 

そして不妊治療ではなく妊活を行っている人のほとんどが「経済的理由」もしくは「自然妊娠の希望」だからだといわれています。

 

不妊治療は一度で百万単位の費用が飛ぶことも珍しくはありません。

 

そしてどうしても人工的に、医師の力を借りて、という印象が否めないでしょう。

 

妊活をすることで、夫婦のみの努力で子供が授かる確率を引き上げることが出来るのです。

 

特に最近は、生活習慣の改善だけではなくより効果的な妊活サプリ、妊活商品が増えてきました。

 

サプリを飲むことで、ただ生活環境を改善するだけではなく妊娠に欠かせない栄養素を簡単に補うことが出来ます。

 

年齢を追うごとに減少していく栄養を補うことは、アラフォー世代の妊活には欠かせないことなのです。

 

もし妊活をしたい場合は、食生活、冷えの改善、ストレス緩和だけではなく、サプリも飲んでみてはいかがでしょうか。

 

サプリを服用することでより効率的な妊活を行うことが出来ます。

 

ミトコア公式サイト↓