高齢出産・リスクもあるがメリットもある

葉酸も必須・人気No,1サプリ

高齢出産は何歳から?

 

高齢出産をする人が増えている、といわれていますが、何歳から高齢出産に該当するのでしょうか?

 

昔は30歳以上の初産は高齢出産に該当したようです。

 

しかし現在は女性の平均初婚率が30歳となり、それと同時に平均初産年齢も引き上げられました。

 

その為高齢出産も35歳以上と定義付けられるようになったのです。

 

35歳以上でも十分子供を授かることが出来ますし、出産も問題なく行えるでしょう。

 

しかし、20代の頃に比べるとあらゆるリスクが付き物です。

 

 

高齢出産のリスク

 

高齢出産にリスクは付き物。

 

もちろんリスクなく産める人も多いでしょうが、確率が高まるということを理解したうえで妊娠出産に臨んでください。

 

妊娠率

 

年齢を追うごとにどんどん妊娠率は低下していきます。

 

40代は6割が不妊だといわれる程です。

 

その為自然妊娠はどんどん難しくなっていくでしょう。

 

先天性障害率

 

子供の先天性障害はいろいろあります。

 

特にダウン症などが有名ですよね。

 

先天性障害率は40代になると20代の1.5倍になるほど、障害が見つかる恐れが上がります。

 

流産

 

30代の流産率は20%、40代は40%といわれるほど、流産率は年々上昇していきます。

 

その為せっかく妊娠をしても出産まで至らない可能性が高くなってしまいます。

 

難産

 

高齢出産かつ初産の場合は、難産になりやすいです。

 

体の柔軟性が悪いため、出産がつらくなってしまうのでしょう。

 

高齢出産は帝王切開になる可能性が高いですが、自然分娩で産む方も珍しくはありません。

 

 

その他、妊娠中毒や常位胎盤早期剥離の発生率が高くなります。

 

これらのことはすべて確率であり、20代でも同じようなリスクを背負う人もいます。

 

40代後半の出産でも、特にリスクもなく安産という場合もあるでしょう。

 

しかし、どうしても何かしらのリスクが起きる可能性が高くなる、という認識で妊娠出産に挑んでください。

 

 

高齢出産にはメリットもある

 

リスクばかりが注目されがちですが、実は高齢出産にもメリットはあります。

 

経済的負担

 

年齢を追うごとに収入が増える方は多いです。

 

20代のうちはどうしても収入が不安定だったり低収入だったりする方も、30代40代と年齢を追うごとに収入が安定していく方はとても多いです。

 

その為、金銭的負担が少ないのが高齢出産のメリットだといわれています。

 

いざというときに頼れるものといえば、お金。

 

金銭面が充実していることは大きなメリットなのです。

 

精神的な安定感

 

妊娠を望んでいた出産をした人が多いので、精神的に落ち着いた気持ちで出産に挑めたり、安定した育児を出来るというのも高齢出産のメリットです。

 

若いうちは友達はみんなまだ遊んでいる、もっと遊びたい、ストレスがたまるなどの女性も多いようですが、出産も育児も心から楽しめる方が多いのが、高齢出産のメリットなのではないでしょうか。

 

子宮がんのリスクが減る

 

30代40代で妊娠出産を経験した人は、25歳未満で出産した人に比べて子宮がんのリスクが17%も低いといわれています。

 

また、100歳まで生きた女性の多くは40代での出産を経験しているそうです。

 

これは、妊娠中に女性ホルモンが増えるため40代以降の健康状態が安定し長生きにつながるということだといわれています。

 

ネガティブな印象の多い高齢出産ですが、メリットも沢山あります。

 

特に近年は高齢出産を経験する女性が増えているため、30代40代の妊娠も決して珍しくはありません。

 

この年齢で妊娠なんて…と思わず、諦めず、妊活をしてみませんか。

 

妊活を行えば、不妊治療をしなくても子供を授かることも可能です。

 

こちらから=【ミトコア300mg】

 

ミトコア公式サイト↓